前へ
次へ

歯医者では虫歯を削って治療するか

子供のころに歯に痛みがあるからと歯医者に行った経験を持つ人はいるでしょう。いざ行って見ると普段あまり聞くことのない機械音が聞こえてきて、ときに患者らしき人の叫び声や子供の泣き声が聞こえるときもあります。子供心に怖いと感じた人もいるはずです。虫歯は歯が虫歯菌に侵されている状態を差しそのまま放置しているとどんどん虫歯菌が歯を侵食してしまいます。それを食いとめる治療方法としては虫歯菌を歯から取り去るのが良いとされていました。歯を侵食している虫歯菌を取るにはその部分を削り取る必要があり、歯医者が良く使う専用の医療機器によって削ります。独特の音は歯を削る音で、削った時に痛みを伴うため叫び声を上げる人などもいたのでしょう。今も虫歯を削る治療は行われますがすべての虫歯を削るわけではないようです。比較的侵食が浅い虫歯の場合は薬を塗布して様子を見る治療になっています。虫歯菌の浸食が小さいときは歯の再生力を生かして虫歯菌を撃退させる治療が行われます。

Page Top